飲食店専門の排水管清掃 首都圏24時間対応

やまねメンテナンス

その他詰まり 作業事例

トイレの便器つまり。何が流された?(東京・鶯谷・ホテル様)

投稿日:

東京都台東区根岸の鶯谷駅近くにあるホテルの施設様からトイレつまり除去のご依頼をいただきました。ありがたいことに2回目のご依頼です(前回はお風呂場のつまりでした)。

やまねメンテナンスは飲食店舖様の作業をメインに行っていますが、他業種の施設様からもご依頼があれば基本的には対応させていただいています。厨房排水だけでなくトイレ系のつまりももちろん対応可能です。

今回はトイレのつまりだということですが、スタッフさんでラバーカップ(スッポンとかキュッポンなどとも呼ばれるもの)をやってみても直らなかったそうです。ということでやまねメンテナンスにお声がかかりました。

到着して実際に水を流してみます。するとあふれんばかりに水位が上がってきます。

とりあえずローポンプ作業を行うことにします。ホテルのスタッフさんがすでにラバーカップを試されてはいるのですが、念のためさらに強力な圧力をかけてみます。

しかしつまりは解消されませんでした。圧力で解消されない場合は、何か異物が流されて便器の中や排水管で引っかかっていることが多いです。ですので便器を外すことにしました。

便器を外す際に止水栓を操作するのですが、ネジが固着して回らないという問題が発生…。あまり乱暴に力を入れると破損して水が止まらなくなる可能性があります。しばらく苦戦してなんとか止水栓のネジは回るようになり、タンクと便器を外すことができました。

さて、便器を外す瞬間は緊張と期待がよぎります。今回は何が引っかかっているかな?という楽しみのような気持ちと、もし何もなかったら、それはそれでやっかいだぞ、という不安のような気持ちです。何も引っかかっていないということは、配管のもっと奥につまりがあるということで、そうなると作業のゴールがぐっと遠のくからです。

今回は、分かりやすい答えが待っていてくれました。

タオルでした。スタッフさんによるとホテルに備え付けのタオルで間違いないそうです。

不幸中の幸いというか、逆にここで引っかかってくれてよかったと思います。これが配管の奥に流れ込んでしまうと除去作業の難易度がぐっと上がってしまいます。

*******************

飲食店においても、トイレつまりはよくあるトラブルのひとつです。

一番多いのはトイレットペーパーや汚物による便器つまりではないでしょうか。ただこれはほとんどの場合、お店のスタッフさん達が自ら直されるようです。どこのお店にも必ずひとつはラバーカップが置いてありますよね。実際、ほとんどのペーパーや汚物つまりはラバーカップでも直せてしまうと思います。

問題は今回のように異物が流された場合です。ラバーカップではつまりが解消されないことが多いです。こうなると便器を外すしかなく、一般の方にとってはハードルが高い作業だと思います。知識と工具がないと出来ません。

ペーパーや汚物によるつまり、異物混入によるつまり、そしてもう一つのパターンが配管つまりです。

これは便器内部ではなく、その奥の汚水管内で発生するつまりです。汚水管内でつまりが発生すると問題が大きくなります。つまっている場所が奥のほうだと、すべての便器が使えなくなってしまうからです。飲食店だと複数の便器が設置してあることが多いですが、便器つまりであればその1台だけ使用禁止にして当面の間はしのぐことができます。しかし配管つまりが起きてしまうと、最悪なケースとしてすべての便器がつまった状態になり使えなくなります。店舗の営業に与えるダメージは大きいでしょう。

このような汚水管のつまりを解消する際は、電動ワイヤー(トーラー)を使用することが多いです。管の途中で汚物やペーパーが引っかかっているつまりの場合は比較的すぐにつまりは解消できます。

他の原因として、管の勾配に問題がある場合や、尿石の付着によりつまりやすくなっている場合もあります。つまりが頻発してしまうような場合に管内カメラで調査をしてみるとそのような問題が発覚することが多いです。勾配が悪いと汚物などがそこで滞留しやすくなるため流れきれないことがあります。尿石が付着している場合は、尿石の表面がざらざらして凹凸があるため水の流れがスムーズにいかず、つまりやすくなります。下の写真は高圧洗浄で除去した尿石の破片です。これが管内にびっしりとくっついているんです。

勾配不良に関しては、配管が地中に埋まっている場合だと補修工事が大がかりになります。尿石の付着は薬剤(尿石除去剤)と高圧洗浄によって除去することができます。作業の大変さは厨房排水管の洗浄を上回ります。尿石という字のとおり、本当に石のようにカチカチなのです。この作業はいつも何時間もかかります…。管内カメラを見ながら落とし切るまでやらないといけないですから。はがした尿石も流すわけにはいかないので吸引して回収しながらの作業になります。

 

  • この記事を書いた人

やまねメンテナンス

飲食店・厨房専門の排水管清掃業者です。 東京・千葉・埼玉・神奈川のご依頼承ります。 夜間緊急つまり修理、高圧洗浄清掃など。 飲食店の排水まわり情報サイトも運営中「厨房のお医者さん」

-その他詰まり, 作業事例

Copyright© やまねメンテナンス , 2018 All Rights Reserved.