飲食店専門の排水管清掃 首都圏24時間対応

やまねメンテナンス

作業事例 厨房排水詰まり

焼肉店の客席ドリンクバーのシンク詰まりを解消 原因は製氷機?

投稿日:2018年4月23日 更新日:

焼肉店の排水つまり発生

埼玉県川口市にあるロードサイド型の焼肉店舗様より配管つまり除去のご依頼をいただきました。

客席にドリンクバーがあり、そこに設置されているシンクが詰まっていて流れないということです。

現地に到着したところ、すでに床上に排水があふれている状態でした。

いそいで作業にとりかかります。

 

電動ワイヤーにて詰まり解消

営業時間中で高圧洗浄は難しいため、トーラーといわれる電動ワイヤー装置で作業を開始しました。

シンクの立ち上がり管からワイヤーを挿入します。

13m入れたところで詰まりが抜けた感じがありました。

そのあたりを少し念入りに清掃しておきます。

シンクのホースを戻して流水してみると、しっかり流れる状態になり、床上への水のあふれも無くなりました。

 

排水管の経路を確認

この店舗はピロティタイプで1階が駐車場、2階が店舗となっています。

客席ドリンクバーの排水は厨房には流れ込まず、駐車場に設置してあるグリストラップに直接つながっているようです。

詰まりがあった地点は、おそらく1階グリストラップに落ちる縦管の手前だったと思われます。

 

詰まりの原因は?

そもそもなぜ詰まりが起きたのでしょうか。

さきほど電動ワイヤーを排水管から戻したとき、油脂分と思われる白い汚れが付着していました。

つまりの原因は油脂分による閉塞だった可能性が高そうです。

 

ドリンクバーには、シンクと、その隣に製氷機が設置してありました。

製氷機からは一定時間おきに冷たい水が排水されます。

このふたつは、床下で排水が合流しています。

推測ですが、シンクに流されるドリンク系の油脂分が、製氷機の冷排水によって短時間で固形化されてしまうことが原因かもしれません。

やまね
製氷機が関係する詰まりは、実はトラブル事例として多いケースなんです。

油と水の相性が悪いことは皆さまご存知ですが、油と「冷水」はもっと相性が悪いです。

ほぼ一瞬で油脂分が固形化します。

製氷機自体は詰まりの原因になるような汚れた水を排出しませんよね。

厨房から排水される油脂分と出会うことで固形化させ、詰まりを引き起こす、という症状がとても多いです。

製氷機の詰まりを予防する対策は以下の記事にくわしく書いてみました。

飲食店で多発する製氷機の排水つまり。対処法を考えてみました。

※この記事は飲食店における業務用製氷機の排水管つまりの事例です。 製氷機の排水つまり修理のご依頼 東京都渋谷区恵比寿の飲食店様よりご依頼を頂きました。 製氷機系統の排水が詰まっているようで、床にあふれ ...

 

  • この記事を書いた人

やまねメンテナンス

飲食店・厨房専門の排水管清掃業者です。 東京・千葉・埼玉・神奈川のご依頼承ります。 夜間緊急つまり修理、高圧洗浄清掃など。 飲食店の排水まわり情報サイトも運営中「厨房のお医者さん」

-作業事例, 厨房排水詰まり

Copyright© やまねメンテナンス , 2021 All Rights Reserved.