飲食店専門の排水管清掃 首都圏24時間対応

やまねメンテナンス

グリストラップ詰まり 作業事例

松戸市の居酒屋にてグリストラップの詰まり 原因は排水槽のポンプ

投稿日:2018年4月22日 更新日:

千葉県松戸市にある居酒屋さんから、「グリーストラップが詰まっているようだ」とのことでご依頼がありました。

閉店間際の時間になんとか到着し、さっそく確認してみました。

地下にある店舗さんで、グリストラップはすでにあふれる寸前でした。

厨房スタッフさんによると、あふれてしまわないように水の使用を極力控えていたそうです。

しかし何度かは床上にまであふれてきたそうで、その影響なのか厨房に面した客席通路にも水が漏れているとのこと。

 

とにかく、まずはつまりを直してしまいたいので電動ワイヤー(トーラー)を挿入していきます。

すると、ワイヤーが数メーター進んだだけで、引っ張られる感覚が。

配管が真下に落ちているときには重力でこのような感触になりますが、それがずっと続く。

とすると、すでにワイヤーは地下排水槽の空洞に到達して宙ぶらりんになっているのかもしれません。

※排水槽に関してはこちら↓の記事で解説しています。

赤坂の焼鳥屋グリストラップ詰まりをトーラーと高圧洗浄にて解決

東京都港区赤坂にある焼鳥屋さんから、グリストラップの流れが悪いということでご依頼をいただきました。 ビルの地下にある店舗で、グリストラップは深型の大きいサイズです。 まずトーラー(電動ワイヤー)作業を ...

ワイヤーが排水槽に到達しているのであれば、排水管が詰まっているのではなく、槽のポンプ不良が考えられます。

付近をさがしたところ、床下点検口があり、開けてみました。

すると……地面すれすれまで汚水が上がってきている状態でした💦。

通常の排水槽は数メーターの深さがありますので、ここまで水位が上がっているということはポンプが作動していないのでしょう。

 

バックヤードにあったポンプの制御盤で手動操作をしてみると、少しづつ水位は下がり始めました。(グリストラップの水位も引いていきます)

ポンプは作動しているようですので、スイッチの役目をする水位センサー(フロート)がこわれているのかもしれません。

しばらく手動でポンプアップしたところで槽内をのぞいてみると、かなり大きな槽でした。

やまね
部屋でいうと、2DKくらいの広さだったでしょうか…。深さも3m近くありました。

槽の中に入ることが出来なかったので直接ポンプを目視確認はできませんでしたが、早急にポンプの点検・修理を行うよう店長さんにお願いしました。(ポンプに関しては専門外なのでやまねメンテナンスでは対応できません。)

客席の床への水漏れは、グリストラップの水位が引いたことでおさまったようです。

 

地下店舗のポンプ故障はたびたび遭遇する事例です。

特に築年数がたった古いビルで起きやすいトラブルといえますね。

飲食店に特有の油脂汚れが固形化し、ポンプや水位センサーの作動不良を引き起こすケースもあります。

ビルピット清掃業者さんによるバキューム清掃や、ポンプの点検などを定期的におこなうのが安心ですね。

 

  • この記事を書いた人

やまねメンテナンス

飲食店・厨房専門の排水管清掃業者です。 東京・千葉・埼玉・神奈川のご依頼承ります。 夜間緊急つまり修理、高圧洗浄清掃など。 飲食店の排水まわり情報サイトも運営中「厨房のお医者さん」

-グリストラップ詰まり, 作業事例

Copyright© やまねメンテナンス , 2020 All Rights Reserved.