飲食店専門の排水管清掃 首都圏24時間対応

やまねメンテナンス

グリストラップ詰まり 作業事例

海鮮居酒屋のグリストラップつまり 油の固まりが抜けきれない…

投稿日:2018年4月22日 更新日:

グリストラップの詰まり直しのご依頼

東京都足立区北千住駅前のビルにある海鮮居酒屋様より、「下水の詰まりを直してほしい」とのご依頼をいただきました。

雑居ビルの5階にある店舗で、下水のつまりとはグリストラップのことでした。

完全な詰まりではなく、少しずつ水が引いていく状態です。

数ヶ月に一度は詰まっているとのことでした。

 

トーラーにて作業開始

さっそくトーラー(電動ワイヤー)にて作業を始めます。

するすると入っていき、16mで一度、水位が引きました。

しかしまだ流れ方が怪しいので、さらにワイヤーを入れていきます。

22mまで進んだところでだいぶ流れがよくなりました。

ちなみに普段の現場ではワイヤーを20m以上使うことはあまりないです。5~15mくらいが平均ですね。

26mで縦管に落ちるところまで清掃したので、とりあえずワイヤー作業は完了します。

しかし水を多目に流して流れを確認してみると、流れてはいきますがあまりスムーズではない感じがします。

 

排水管の中を管内カメラでチェックしてみる

流れ具合がしっくりこないので、管内カメラで排水管の中を確認することにしました。

すると、曲がりの部分で白い固まり(油脂分の固形化したもの)が残っているのが分かりました。

ワイヤーで念入りに清掃はしましたが、排水管の曲がり方(構造)の関係でワイヤーが接触しなかったのかもしれません。

 

薬剤を投入し再チャレンジするも…

対策として、アルカリの薬剤を流し込んだあと、先端の金具を付け替えて再びトーラー作業を行いました。

やまね
アルカリの薬剤は業務用の強力なもので、詰まりの状況によっては使用することがあります。

市販されているものだと「ピーピースルー」が有名ですね。

固まりを完全には溶かせませんが、表面を溶かして小さくし、詰まり物を取り除きやすくします。

結果としては、全ての固まりを除去することが出来ませんでした。

残る手段としては配管洗浄ですが、詰まりのレベルとしてはエンジン式の高圧洗浄機が必要ですし、ビルの5階ということもあり準備に手間がかかります。

やまね
高圧ホースを階段を通して引っ張ってこないといけないですからね。

追加料金がかかる旨をお話ししたところ、「流れるようにはなったので今日はここまでで大丈夫」とのことでしたので作業を終了しました。

どのくらい持つかは分かりませんが、いずれまた詰まってしまいそうです…。

 

  • この記事を書いた人

やまねメンテナンス

飲食店・厨房専門の排水管清掃業者です。 東京・千葉・埼玉・神奈川のご依頼承ります。 夜間緊急つまり修理、高圧洗浄清掃など。 飲食店の排水まわり情報サイトも運営中「厨房のお医者さん」

-グリストラップ詰まり, 作業事例

Copyright© やまねメンテナンス , 2020 All Rights Reserved.