飲食店専門の排水管清掃 首都圏24時間対応

やまねメンテナンス

グリストラップ詰まり 作業事例

【事例】市川市にて焼肉店のグリストラップ詰まりを緊急修理しました。

投稿日:2018年5月12日 更新日:

千葉県市川市の焼肉店様から、緊急つまり解消のご依頼です。

グリストラップが詰まってしまい、あふれた下水で厨房が水浸しということでした。

数か月前にも一度詰まり、ほかの業者さんに配管高圧洗浄をやってもらったそうですが、また詰まってしまったようです。

店舗に到着すると、営業中にも関わらず厨房が水浸しで、キッチンスタッフさんも大変そうでした。

 

あふれた汚水をポンプやバキュームで一度除去する方法もありますが、営業中でお客様もいらっしゃるので作業がむずかしい。

ということでいきなり電動ワイヤーを通すことにしました。

詰まりが貫通すれば水は引いてくれますので。

スタッフさんからグリストラップの排水口のだいたいの場所を聞いて、探りながらワイヤーを入れていきます。

 

10mほど入れたところで水が少し引いたりはしますが、完全には抜けていません。

 

最終的に20mほど入れたところでしっかり流れるようになりました。

どうやら管内に油脂汚れの付着が残っていたようです。

こちらは雑居ビルの地下店舗で、客席の奥に地下雑排水槽がありました。

営業中で点検口を開けられませんでしたが、距離的にはこのあたりまで作業できたと思います。

 

とりあえず排水は流れるようになりましたが、再発するようであれば高圧洗浄でしっかり管内の汚れを落としたほうが良いとご提案しました。

雑排水槽から洗浄ホースを入れて作業できればベストなんですが。

いずれにしろ営業時間外での作業になりますね。

 

飲食店の中でも、焼肉系の業種は油汚れが激しいほうだと言えます。

とくに、鉄板や焼き網の焦げや炭化した汚れが油分と一体化すると、粘度の高い強力な詰まりになります。

グリストラップの詰まりだけではなく、炭場や洗い場シンクの詰まりでもよくご依頼を頂くんですよね。

ふだんから、なるだけ排水管に汚れを流し込まないようにする工夫が必要だと思います。

 

同じく焼肉屋さんのグリストラップつまり事例↓

【事例】焼肉店のグリストラップ詰まりを配管洗浄にて緊急修理しました。

やまねメンテナンスでは、グリストラップが急につまった場合の緊急出張や、飲食店の排水管の高圧洗浄などを承っております。 首都圏全域、24時間受け付けております。(フリーダイヤル0120-540-902) ...

 

  • この記事を書いた人

やまねメンテナンス

飲食店・厨房専門の排水管清掃業者です。 東京・千葉・埼玉・神奈川のご依頼承ります。 夜間緊急つまり修理、高圧洗浄清掃など。 飲食店の排水まわり情報サイトも運営中「厨房のお医者さん」

-グリストラップ詰まり, 作業事例

Copyright© やまねメンテナンス , 2021 All Rights Reserved.