飲食店専門の排水管清掃 首都圏24時間対応

やまねメンテナンス

作業事例 厨房排水詰まり 高圧洗浄

排水管の破損による床下漏水事例

投稿日:2018年8月22日 更新日:

東京都武蔵野市の武蔵境駅ちかくにある飲食店舗様(ビストロ)からご依頼をいただきました。

「どうやら床下に排水が漏れているようだ」とのことです。シンクの水をしばらく流していると、たしかに床下に少しずつ水が流れ込んでくるのが確認できました。

漏れている水の状態(色や臭い)から、厨房の排水であることは間違いありません。ただ、どこから漏れてきているのかまでは確認できませんでした。

本来、床下で排水管から水が漏れてくることはありえません。どこかが破損しているか、接続が外れているなどの異常が発生している可能性が高そうです。

お客様によると、近いうちに厨房の内装を改装する予定があり(このような状態になってしまったため)、それまでの間、水漏れがしないように応急処置してもらえればよい、というご意向でした。

 

最近になって床下漏水をするようになったという事実から、2つの仮説を立てました。

①何らかの原因で最近になって排水管が破損した。そのため水が漏れはじめた。

②排水管はもともと破損していたが、排水管が最近つまり気味になったことで、滞留した汚水がそのすき間から漏れるようになった。

もし①だった場合、やまねメンテナンスは配管工事は専門ではないので対応できないかもしれません。しかし、もし②の場合であれば、つまりを解消すればとりあえず水漏れを止めることができそうです。

 

ということで高圧洗浄を一度行ってみることになりました。厨房の各排水口から洗浄ホースを送り込んでいきます。

そして、高圧洗浄を終えて水を流してみると・・・床下の水漏れが止まっていました。

ということは、最近になって排水がつまり気味になってきて、排水管の中にたまった水がどこかしらから漏れてきていた、ということだったのだと思われます。おそらく排水管の上面に亀裂か破損があったのでしょう。

応急処置としてはこれで作業を終えてもよいのですが、なんとなく自分でもすっきりしないので管内カメラを入れてみたところ、破損箇所を発見しました。下の写真は管内カメラの画像です。

やはり排水管の上面に、大きめの穴がぽっかり開いています。排水管がつまり気味になると水面が上がってくるので、それがこの割れ目から漏れてきていたんだと思います。お客様もこの状態には驚いていらっしゃいました。

そのあと、お客様のご希望もあり、破損個所の床開口と、床下に漏れた汚水の吸引清掃を追加作業で行うことになりました。

床を開口したところ、問題の排水管は下のような状態でした。

なぜこのような破損があるのか原因が分かりません。強い力が加わらないとこんな穴は開きません。あくまで応急処置ですが、粘着テープでふさいでおきました。後日、配管のちゃんとした補修は内装屋さんに行ってもらうそうです。

その後、床下に漏れた汚水をバキューム機にて吸引し、シャワーや洗剤を使い清掃しました。

排水管の不具合によるつまりや水漏れの現場には、ごくまれに遭遇します。接続部分の接着が外れていたり、管が変形していたりなど、いろいろなケースがあります。中には、新築時の配管工事がしっかりされておらず、管のすき間から生コンクリートが混入したまま固まっていたこともありました。

いろいろなパターンがありますが、管内カメラや床下の開口などで原因をつきとめ、排水管を補修工事する必要があります。

 

・その他の排水管破損事例↓

排水管の破損による詰まり(東京・東十条・ラーメン店様)

東京都北区東十条にあるラーメン店様から排水つまり解消のご依頼をいただきました。 「シンク」と「茹で麺機」の排水がつまっているとのことです。 シンクといっても、正確に何という名前で表現していいのか分かり ...

ワイヤーによる厨房内の排水管清掃(東京・西日暮里・焼肉店様)

東京都荒川区西日暮里にある飲食店(焼肉屋)様から、厨房の排水管清掃のご依頼をいただきました。 シンクが1台つまっているのと、グリストラップの流れも悪い状況だということです。つまり除去も含めた厨房全体の ...

  • この記事を書いた人

やまねメンテナンス

飲食店・厨房専門の排水管清掃業者です。 東京・千葉・埼玉・神奈川のご依頼承ります。 夜間緊急つまり修理、高圧洗浄清掃など。 飲食店の排水まわり情報サイトも運営中「厨房のお医者さん」

-作業事例, 厨房排水詰まり, 高圧洗浄

Copyright© やまねメンテナンス , 2019 All Rights Reserved.